スキー場活性化・スキー場再生再建・スキー場ビジネス・スキー場経営・スキー場運営

スノービジネス、スキー場運営、スキー場設計、スキー場マーケティングの実態を独断で紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
白馬村で大規模開発計画 高級ホテルや分譲マンション
気になる記事です。
前回の記事と前後してしまいます。
この記事は、不思議なのですよねぇ。
ニセコはオーストラリア人が激減するだとうと言っているのに、、、、、



11月26日(水) 信毎ニュース
北安曇郡白馬村神城のスキー場「Hakuba47」を経営する白馬フォーティセブンが、同スキー場一帯に高級ホテルやコンドミニアム(分譲マンション)の建設を計画していることが25日、分かった。同社の株式は米投資会社ウォーバーグ・ピンカスが保有。部屋数の規模は同村和田野地区に浮上しているコンドミニアム建設計画の約10倍で、東アジアや豪州を中心にインバウンド(海外誘客)を進めるという。
 既に村や地元の飯森地区に計画は説明されており、同地区は計画を承認している。ただ、金融危機を受け、ウォーバーグ・ピンカスの経営状況や、インバウンドの見通しを不安視する声も出ている。フォーティセブンは取材に「(建設に向け)村に正式な申請をしていないので、答えられない」としている。
 住民らによると、施設は地下駐車場を備えた地上3-4階の建物で、延べ床面積は約8万平方メートル(うち駐車場約3万平方メートル)。ホテルとマンション計約350室で、店舗やスキーセンターなども入る予定。第1期工事は2010年春にも始め、総事業費は約120億円とされる。
 建設予定地は、同スキー場がある山間部の駐車場一帯。近くに民家や宿泊施設が少ないことから、「(豪州企業による)和田野地区での計画に比べ景観への影響は少ない」(村環境課)とされる。フォーティセブン側から年間約200人の地元雇用があるとの説明もあったという。
 また、ホテルの宿泊費は1泊5万円ほどと高めのため、地元の民宿や旅館と客層の競合を心配する声は少ない。
 村は12月8日、建物の高さや必要な手続きなどを定めた村環境基本条例に基づく村環境審議会を開く予定。地元地区から同条例に基づく同意書が出れば、建設計画の可否を審議するという。
 Hakuba47は1990年開業。中京テレビ放送(名古屋市)の子会社が経営していたが、2002年4月に独立。昨年11月に全株式をウォーバーグ・ピンカスに売却した。村内では中規模のスキー場で、昨季のスキー客は約12万8000人。



豪ドルは、この1年で対日本円では60%位に下落しています。
同様、ウォンも同率程度。

この予測や見方は甘いような気がするよねぇ。

離陸した飛行機は止まらない、、似通った話なのかなぁ。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。