スキー場活性化・スキー場再生再建・スキー場ビジネス・スキー場経営・スキー場運営

スノービジネス、スキー場運営、スキー場設計、スキー場マーケティングの実態を独断で紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
悲喜こもごも・・
毎年、シーズンが終わると、色々なフレーズが聞かれます。

・雪が多すぎて、お客が来なかった、、、、?
 だって、道に雪があるでしょ!   
 っえ? 今年の言い訳大賞! スキー場は雪がふるものなのに、、、。
 雪が降るので客が来ない、マジで発言する経営者は気の毒でした

 
・週末に天気が悪い日が多かった、、
 定番!、、の言い訳、、そろそろ表現を変えないと、突っつかれそう

・不況の影響を受けたから。
 不況でも増えたスキー場があるので、説得力に欠ける、、、
 と言っても、その通りの今期かな、、、<
/span>

・シーズン当初の降雪が少なかった、、、
 シーズンインの時に、よそのスキー場よりも稼ぐタイプのスキー場。そう、高所のスキー場ですね。
 確かに今年は、この手のスキー場が全滅でした。ただし、この時期の稼ぎ方はあるいみフロックだったかも。


・近くのスキー場で無料企画を行ったから、、、、
 子供無料だの、目立ちましたね。でもその手のスキー場自身も数字下がってたり、、、、。
 概ねこの企画のスキー場は売上が激減。こうなると、完璧な負のスパイラル。


・ディスカウントしないと人が来ない、、、
 シーズン途中から、割引したスキー場もあったですねぇ。
 結果的には、割り引いた分、単価減、売上減。ディスカウントして良かった?



そう、親会社であったり、上司であったり、金融機関であったり、言い訳に追われる時節なのです。

全国のエリアデータを見てみると、前年対比で上がったエリアは殆ど無い。
私の個人的な感覚ですが、ウィンター業界の仕事に関わり35年。
今までで一番悪かったのでは、と強く感じるのです。

この不安要素や、イメージであり、払拭しないとマズイヨ。

みなさん悪いと言うけれど、総数は下がったけど、実数は健在なのです。

そして、明るい兆し!

新規は動いているのですよ!
どうやって?、何をして?
お客様をゲットするかは、腕次第。考えるしかないでしょ。


今日は上越新幹線。
一昨日は北海道でした。寒かったぁ。
最近車乗れない、、、、トシかなぁ。でも車中の一杯はたまりませんねぇ、、

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。