FC2ブログ

スキー場活性化・スキー場再生再建・スキー場ビジネス・スキー場経営・スキー場運営

スノービジネス、スキー場運営、スキー場設計、スキー場マーケティングの実態を独断で紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
SNSですねぇ
いまさら?
と言われる方が、いるでしょうね。

が、

スキー場関係者にとって、大きな影響力を及ぼすキーワードがSNS。
ソーシャルネットワーキングソサイティ・・・・・・う~長い。


ブログでは、スキー場でも、スタッフ達が日々頑張って書かれるところが増えましたねぇ。

メディアであり、メーカー、ショップも、関わっていないところはないでしょう。
文章の縛りがない、言論の自由ですし、様々な情報が飛び交っています。

数千万人がウィンターのことを書いている・と考えると浪漫があります。



80~90年代、ニフティの会議室、スキー場研究会がすごく活発でした。
あの時代が懐かしい・・・・・
当時は、唯一の画期的な情報交換の場でした。

その後、掲示板全盛時代がきて
あげく、アラシに破壊されて撃滅

2ちゃんねるは、その社会性から敬遠


私も90年代、今で言う自作のホームページにブログ調で書いていたことがありました。
メルマガも、フリースタイルウェブってのを開設して、2000年当時には5万人の登録者に発信していたのですなぁ。


しかし、メルマガは、時代の趨勢でしょうか、
一方的に送られる情報というものが受け入れられなくなりましたね。

それよりは、自由に参加できて記載者がオープンな方が良いということで、


そうです。


mixi。


これは、半端でない!
メンバー数が2千万人だそうな!!!。

こうなると、大きな文化ですよ、文化。

日本どこさがしても、こんな組織はないでしょう。

多方面に影響を及ぼす最大のSNSと言えるでしょうね。


ウィンター関係でも10万人を越える登録者がいるところもあります。
1万人という単位だけでも数十件ある。
この数になると、どうやって運営されているのでしょう?


10万人のメンバーって、スキー場の来場者にたとえると、
レジャー白書の参加回数5回程度をかけてみると、一つのコミュニティだけで50万人の発生人口を抱えていることになるのでしょう!?
でも、もっとアクティブな活動する人たちなので、それ以上の回数がありそうですね。


ということはですよ、
スキー場の集客を左右するような影響力を持つまでになったということ?。


逆説ですが、
いい口コミ、ポジティブ口コミはスキー場来場に貢献できますが、、、

悪い口コミ、ネガティブ口コミは、スキー場からファンが逃げていく。。。


SNS無き時代、情報発信は自分の身の回りだけのため、口コミ範囲は数人程度だったけど、

SNSのおかげで、いいことであろうとマズかろうと、数十人、いえ数百人、数万人に一気に広まる。


こう考えると、恐ろしや~~~~。
うかうかしてられないのです。


昨今の、スキー場来場者の減少化って、

SNSの影響が少なからず、いえ「大いに」あるのでしょうなぁ。


あなたのスキー場も、SNSの影響を受けましたか???


私は、SNSの影響度の行く末は、書き込む記事を、物言わずROMする人たちだと思っています。

だって、その人口の方が多いじゃないですか・・・・・・・・・・







スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。