スキー場活性化・スキー場再生再建・スキー場ビジネス・スキー場経営・スキー場運営

スノービジネス、スキー場運営、スキー場設計、スキー場マーケティングの実態を独断で紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
索道の整備負担がズッシリ重く・・・・・
多くのスキー場の頭が痛い点、
問題なく、間違いなく、多くのスキー場、
いや全てが同じ答えではないだろうか。



索道の整備費負担だ。

特に自動循環の整備費は膨大だ。
そして危機的かもしれない、、、、、

日本の自動循環は、
90年代まで建設されたクラシカルなチェーン押送式が殆どといってもいいだろう。
膨大な備品点数、広すぎるスペース。余計な人員。
オーバーオールの時は、胸が締め付けられるほどの負担額。
その価格を販促費やサービスに回せたら、どんだけ人が増えるだろうか・と。

欧米では、殆どがタイヤ押送となっている中、日本だけ時代が止まってしまった。


まっ、しかしだ。
ガッチリ、キャッシュが出ているスキー場だと、
5~7年スパンで整備計画を組んでみたとき、
思いっきり付け替えた方が負担軽減となる索道も多い。


チョット待った!
付け替えなんてとんでもない。
設備投資に際して、金融機関からの支援をどうやって受けられるのだ?。
顧客が減少する中、膨大な整備の理由付けが、かなり理論的には苦しい。
整備しないとスキー場運営できなくなるから・・・・・
つまり、整備しても人は増えないのでしょう・と切り替えされる(爆)


ただし、裏技が無いことはない。
事業計画の建て方、提案手法である程度乗り越えられることもある。
人を増やすことができる、斬新な事業計画を起案できるか。
ついでに、リファインできるかどうかも問われる。
山、たずさわる人、そして背景も・・・・・・・・。


そんな中で、
500~700mという微妙な長さの自動循環って、
微妙な長さだと常々感じてしまうのだな。
そろそろ、固定式で納得する時期じゃないかい。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。